お酒の特徴を知って上手に付き合う方法-ビールとワインの種類

お酒は友達

お酒は正しく付き合えば、生活に幸せをもたらしてくれる最高の友達です。ですが、付き合い方を間違えると、色々なトラブルの引き金になることも多いです。そこでここでは、お酒と上手に接することができるように、お酒の種類やその特徴について紹介していきます。

いろいろなお酒のことを知って、いつまでも最高の友達でいれるように上手に付き合ってください。

 

醸造酒

「酵母の発酵によって作るお酒」のことを醸造酒と呼びます。穀物(大麦など)や、糖類(フルーツなど)を原料として使います。

主な醸造酒

(フルーツが原料)シードル・ワイン

(穀物が原料)日本酒・ワイン

 

ビール

主原料である「ホップ」と「麦芽(発芽した大麦)」を発酵させて作ります。ビールにも発酵温度・原料や熟成度合いによって様々なタイプがあります。発酵温度でいうと下面発酵5~10℃の低温発酵ものと上面発酵10~20℃の少し高い温度で発酵させたものがあります。

・生ビール:熱処理を行わずにろ過したもの

・ラガービール:ビールを熟成させたもの

・ビルスナー:日本のビールの大半がこれ。淡色ビール

・スタウト:イギリスのビールである色が濃い。原料に砂糖を一部使う

・黒ビール:苦みが弱く香味が目立つ。スタウトと比べて色が濃い

などなど。

ワイン

ブドウを原料とする醸造酒のことを「ワイン」と言います。色々なブドウを使って、世界各地でワインが作られています。ブドウの品種としては、リースニング、シャルトネ、ピノノワール、ソービニヨン、カベルネなどがメジャーです。日本なら甲州種の知名度が高いです。

ワインは製造方式次第で、主に4種類にカテゴライズされます。

・スティル:人々に一番親しまれているワイン。製造する際に炭酸ガスが出ますが、それを抜くタイプのワインです。「赤」「白」「ロゼ」の3タイプがあります。

・スパークリング(シャンパン):発泡するワインであり、炭酸ガスが入っています。

・フォティファイド:ポートやシェリーなどを代表とする、通常のワインを強くしたタイプのワインです。発酵の最中にブランデーなどを入れていきます。

フレーバード:ベルモットやサングリアなどを代表とする、スティルに果汁を入れたフルーティーなワインです。